FC2ブログ

姓は丹下、名は左膳 (2)

 今の国語辞典はこの「氏」の用法についてどう書いてあるのか、ちょっと手もとにあるものを調べてみた。普遍化した誤用を正用と認めてよいとの観点に明確に立つのは『大辞林』(三省堂)のみ。「人の姓名に付けて尊敬の意を表す。主として男子に用いる」として「山田太郎氏」と挙例してある。
 暖昧なのは『岩波国語辞典』『学研国語大辞典』『新明解国語辞典』で、岩波は「日本で、人の氏名の下に添える敬称」、学研は「ふつう、男子の姓名の下につけて敬意を表す」、新明解は「他人の姓名に添える敬語」とするものの、例としてあげてあるのは、安井氏、川上氏、藤原氏、源氏、平氏、足利氏、某氏、無名氏、等々ばかりで、説明と例とが合っていない。もっとあやしいのは『広辞苑』で「人の名に添えて敬意を表す語」とある。この「名」というのは姓なのか名なのか姓名なのか、甚だ暖昧かつ模糊である。例は「鈴木氏」のみ。すると「名」とは姓のことなのか? うまく逃げたつもりなのだろうが、こんなのはゴマカシだ。
 あとは、『日本国語大辞典』が「人の姓に付けて、尊敬の意を表わす」、『新潮国語辞典』が「他人の名字の下に添えて敬意を表わす語」のごとく本来の正用のみを認める。
 女子の場合について書いてあるのは広辞苑と岩波だけ。広辞苑は「嫁した女の実家の姓氏に添えて、出身を示す語」、岩波は「婦人の実家の姓氏に添えて、出身を示す」とする。一方を切り縮めて一方を作ったんだからよく似ているが、怪我の功名で岩波がまさる。と言うのは、女が生家を出るのはほとんどが婚嫁であることもとよりだがそれ以外もあるので、たとえば侍女や下碑、あるいは娼家の女なども「氏」をもって呼ばれるからである。だから岩波がまさるのだが、その前に「婚嫁乃至その他の事由で他家に在る」と添えればもっと念がとどく。
 いったい辞書というものは、今日只今のことを調べるだけでなく、本など読んでいて従前の語辞や事柄がよくわからぬ際にも引く──いやむしろそのほうが多いくらいのもので、この婦人につける「氏」などは是非必要だと思うのだが、他の辞書、浩瀚な日本国語までがなぜのせないのか、どうも解せぬ。日本国語は「人の姓に付けて尊敬の意を表わす」と言うのみで、ならば婦人の場合もそれになってしまうが、そうではないのである。
 なおたいていの辞書が「氏」を単独で使う代名詞的用法をのせている。「氏は北海道の出身」「氏の言によれば」等の「氏」である。これは昔はなかった(あり得ない)言いかただが、「三好氏は、三好氏は」と何度もくりかえすのはわずらわしいから二度目からは「氏」だけでまにあわせようというのはすこぶる奇抜な発明だ(その奇抜さは「氏」を「さん」に置きかえてみればわかる)。これについて前記大岡氏が、誰か知恵者がフランスの「ムッシュー」あたりをまねたのではないかと、たいへんおもしろい推測をしている。なるほどなるほど。
 同様なのに明治・大正期の序文や追憶の類にしばしば出てくる「君」がある。初めに一度「佐々木良助君は余の郷党の同輩で…」と言っておくと、あとは全部「君は幼時より神童の誉れ高く…」「君は大学では化学を専攻せられ…」と「君」だけですますやりかたである。この二つめ以後の「君」はクンなんだろうかキミだろうかとよく考えたものだが、クンはおかしいからやはりキミだろう。それはともかくこの「君」はあきらかに三人称である。ところがどの国語辞典にも「君」は二人称としか書いてない。「氏」を三人称代名詞と認めるなら当然この「君」も三人称代名詞として記載すべきもので、現今の辞書の不備とわたしは考えるがいかがであろうか。
 実は「氏」のことをマクラにもっと重要な「用いたくない言葉」について書くつもりが、例によってマクラだけで終ってしまった。                        (『しにか』 1994年2月号)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

たかしまとしお

Author:たかしまとしお
高島俊男「お言葉ですが…」ブログへようこそ!
ここでは「お言葉ですが…」の最新原稿と単行本未発表の書評などを掲載します。

単行本著作一覧・連載記事一覧は下記リンク欄をクリックしてください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク