パン屋さん削られる (2)

 毎度申す通りわたしは兵庫県西南部の造船の町で育った。かりに日本全土を大きく「都市部」と「農村部」とにわけてどっちかに入れるとすれば、都市部のほうに入るだろう。学童疎開するほどの都市じゃない。けれども一丁前にアメリカの飛行機が来て爆弾を落した。結果的には米軍機が爆弾を落したのは造船所だけで、周辺の見すぼらしい民家地域には落してくれなかったけどね。
 だけどその時にはそんなことはわからないから、警報が鳴るたんびに防空壕へ逃げこんでいた。
 警報は二段階ある。アメリカの飛行機がこっちへむかっている、という段階で鳴るのが警戒警報でこれはサイレンが長く鳴る。いよいよここの上空だという段階で鳴るのが空襲警報でこれはサイレンが断続的に鳴る。切迫感がありました。
 警報はいつ鳴るかわからない。アメリカさんの都合ですからね。夜中に鳴ると起されて防空壕へ逃げこまなきゃならない。そのために寝る時も昼間の服装のままで、防空頭巾を首からかけて寝ていた。
 昼間学校にいる時に鳴り出すこともある。その時は警戒警報が鳴り出した途端、教室で授業中だろうと何だろうと、飛び出して一人々々ばらばらに、家にむかって走る。ふだんからそうするように先生に教えられている。それはもっともです。学校にかたまっていてそこへ爆弾が落ちたら何百人が一ぺんに死ぬ。八方へばらばらに走っていれば被害が分散される。
 走っている途中で空襲警報に変ったら、すぐ手近の土塀の根っこの所とか橋の下とかで伏せる。これもしっかり教えられている。防空頭巾をかぶり、両手親指で両耳たぶを前に倒しておさえ、しっかりつむった両目を四本指でふさいで、うつぶせに地面にびったり伏せる。十分なり二十分なりたって米軍機が上空を通りすぎたら警戒警報に変る。立ちあがってひきつづき走る。警戒警報の解除はサイレンではなく、メガホンを口にあてた人が「警戒警報解除!」と大声で叫びながら隣保内を走る。解除になってもその日はもう学校へ行かなくていい。そう決っている。
 警戒警報は、米軍機が関西中四国方面へむかっている、というくらいの段階で出るんだからわりあいよくある。たいがいは神戸へ行ったり姫路へ行ったり岡山へ行ったりしてわが地域の上へは来ないのだが、最初の警報が鳴り出した段階で逃げて帰ってその日はもう学校へ行かないんだから、まあ当時の子どもはろくだま学校での勉強なんかしてない。だからと言ってわれわれの年代の者が前後と比べて特別知識が劣るという話も聞かない。だれか言っているかな?
 こんな歌をおぼえている。何年生の時に習ったのか忘れたが、戦争中であったにはちがいない。
 一番から三番まであって、一番は「太郎よ」と始まる。二番は「花子よ」と始まる。三番はこうである。

  太郎よ花子よ 日本【につぽん】の子
  丈夫で大きく強くなれ
  二人がおとなになるころは
  日本【につぽん】も大きくなっている
  子どもよ おとなをこえてゆけ

 最初に引いた毎日新聞の、「パン屋さん」を放逐した連中は、みな戦後生れだろうからこんな歌は知らないだろうが、こういう、日本が大きくなろうとし意気盛んだったころを、よかった、と思い、いま一度、と思っているのだろうか。多分そうなんだろうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

たかしまとしお

Author:たかしまとしお
高島俊男「お言葉ですが…」ブログへようこそ!
ここでは「お言葉ですが…」の最新原稿と単行本未発表の書評などを掲載します。

単行本著作一覧・連載記事一覧は下記リンク欄をクリックしてください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク