地方新聞 (1)

 先日の新聞に興味深い記事があった。毎日新聞'17・3・30。地方新聞のことを書いた、かなり大きな記事である。
 茨城県南部の「常陽新聞」が休刊する、ということから始まる。この件が終ったあと、「20年で30社減」という見出しの記事がある。「96年に全国で150社前後あった地方・地域紙(経済紙・業界紙除く)が、20年間で約30社減った」とある。
 これを見ておどろいた。いや三十社減ったのにおどろいたのではない。まだ百二十もの地方新聞が出ている、ということにおどろいたのである。全国の県の数は四十いくつくらいだろうから、だいたい一つの県に三つくらいもの地方新聞が今も毎日出ていることになる。
 「過去20年で姿を消したおもな地方・地域紙」のリストがある。そのなかに「岡山日日新聞」がある。記事中にも「11年「岡山日日新聞」が姿を消した」とある。
 わたしは昭和四十年代から五十年代ごろ、つまり一九六〇年代から七〇年代のころに岡山にいた。半世紀もの昔である。
 言われてみると、「岡山日日新聞」という新聞があったような気がする。しかし岡山県は断然「山陽新聞」の天下であって、病院などいろんな所へ行っても、おいてあるのは山陽新聞であった。
 わたしは若いころから中年にかけて日本のあちこちにいたが、どこにいる時にも新聞は中央紙(朝日、毎日、讀賣など)をとっていた。その土地のことをよく知らなかったからである。しかし医者などへ行くと、たとえば岡山なら待合所においてあるのは山陽新聞だから、山陽新聞を見ることはよくあった。
 だから、その当時からめったに目にすることのなかった岡山日日新聞が、'11年までがんばっていたことを知って、びっくりし、えらいものだ、と感心したのである。
 なおここ二十年になくなった新聞のリストを見ると、東日本のが多く、北海道の新聞が三つも含まれている。

 若いころ日本のあちこちにいたが、県紙がないようだなあ、と思ったのは滋賀県である。滋賀県は中央に大きく琵琶湖があって、わたしは湖西にいたが、湖西は「京都新聞」の範囲であった。湖東は「中部日本新聞」(「中日新聞」だったか?)の領域だったようである。
 鳥取にいたこともある。ここは鳥取県だけの新聞はなくて島根県とあわせての新聞だったように記憶する。名称は忘れた。鳥取県は県人口が日本一少いのだと聞いたような気がする。
 滋賀と鳥取を別とすれば西日本は県単位の新聞が多く、東北日本は一県を複数の地域に分割した地域単位の新聞が多いようである。

 昔(戦前)は、地方新聞が数多くあった。戦争(対米英戦争)が始まると、政府や軍が、こんなに新聞は要らない、地方新聞は一つの県に一つあればたくさんだ、と強引に合併させて、原則一県一紙にしてしまったそうだ。
 またそれも無理なかったらしい。昭和二十年ごろの新聞は、半ペラ一枚であった。紙がないゆえである。一県一紙にせざるを得なかったわけだ。
 従来から或る新聞を取っていた家は、ひきつづきそれを取る権利がある。わが家は前から朝日を取っていたから朝日を取る権利があり、実際取っていた。
 新たに取るのはダメである。だからたとえば若い男女が結婚して家をかまえたとしても、新聞は取れないわけである。ぜひ取りたければどこかのを回してもらうほかない。回せばもちろんその家は新聞が来なくなる。
 そこで取りたい家は、新聞屋に食いものを持って行ったり衣類を持って行ったりして懇願することになる。その贈り物が十分であれば、新聞屋はどこかの家のを取りあげて回してやる。新聞屋は権力者なのである。
(つづく)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

たかしまとしお

Author:たかしまとしお
高島俊男「お言葉ですが…」ブログへようこそ!
ここでは「お言葉ですが…」の最新原稿と単行本未発表の書評などを掲載します。

単行本著作一覧・連載記事一覧は下記リンク欄をクリックしてください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク