潜入ルポ 中国の女

福島香織『潜入ルポ 中国の女  エイズ売春婦から大富豪まで 』 (文藝春秋)

〈たくましく生きる「女強人」の群像〉

 中国のさまざまな女性についてのレポートである。著者は産経新聞の元中国特派員。
 「女強人」(しっかりした女たち)についてのところがとりわけおもしろかった。
 胡蓉〔こよう〕は一九七一年生れ、「恐らく中国初の女流少年漫画家」である。中国にはこれまで、子ども向けの漫画というものがなかったのだ。
 先天的な下肢障碍者である。生れつき足が曲っているらしい。「五歳になってやっと立つことができ、七歳半になって、なんとか歩くことができた」とある。
 中国は、身体障碍者に対して冷酷な社会である。彼女は小学校にも中学校にも行けなかった。読み書きは母親に教わった。
 絵が好きだった。しかし紙がない。父親の煙草の包紙をこっそり拾って、その裏にかいていた。
 父は大学を出た農業技師、母は中学校の美術教員、という知識人家庭で、もう一九八〇年代だのに、家に紙がなかった、というのが中国らしい。
 たまたま母親がベッドの下を掃除していてこの包紙を見つけ、娘のただならぬ才能に気づいて絵具を買い与えた。それで連環画〔れんかんが〕(絵物語)をかき始めた。
 母親がそれを知り合いに見せたのがきっかけで、作品が地元新聞に掲載され、十七歳の時には全国誌に連載されるようになった。
 小学校にも行ってないのに北京の美術大学に合格。卒業後かいた漫画が国際賞を受けて日本に招待され、日本の漫画のレベルの高さを知った。「中国で漫画のパイオニアになるには、日本に行くしかない」と日本に漫画留学した。
 日本で、この障碍に負けないガッツと明るい性格に惚れた日本青年と結婚、二児ができ、漫画家としてやってゆけるようになったが、中国で漫画雑誌をつくりたい、と北京にもどった。早ければ今年(二〇一一)中に、少年ジャンプのような中国初の月刊少年漫画雑誌が生れるとのことである。
 候文卓〔こうぶんたく〕は人権活動家。一九七〇年生れ。全国の、人権を侵害された人たちを、個人で、もちろんすべて私費で、支援する人である。
 英国のオクスフォード大学と米国のハーバード大学で人権を学び、国連で人権関係の仕事をした。
 中国で人権活動家であることは、国家に対して何ら敵意がなくても、国家の敵である。住む家もない。アパートを借りても、警察が、追い出すよう家主を脅迫するからである。常に監視警官がついており、電話はすべて盗聴されている。いきなり監獄へ拉致され、痛めつけられても屈しない。
 人権侵害があると、海外のメディアに知らせて記事にしてもらう。それが有効なのは、中国政府が何より海外メディアを怖れていることを示している。中国の人権活動家は多く獄中にあるが、しかし一昔前のように闇から闇に消されないのは、海外メディアが見張っているからである。
 候文卓は今カナダにいる。海外へ逃れる、という手があるのも、一昔前とちがうところである。今の中国は、何かにつけ、海外とつながっている。(『文藝春秋』’11.5)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

たかしまとしお

Author:たかしまとしお
高島俊男「お言葉ですが…」ブログへようこそ!
ここでは「お言葉ですが…」の最新原稿と単行本未発表の書評などを掲載します。

単行本著作一覧・連載記事一覧は下記リンク欄をクリックしてください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク