パン屋さん削られる (2)

 毎度申す通りわたしは兵庫県西南部の造船の町で育った。かりに日本全土を大きく「都市部」と「農村部」とにわけてどっちかに入れるとすれば、都市部のほうに入るだろう。学童疎開するほどの都市じゃない。けれども一丁前にアメリカの飛行機が来て爆弾を落した。結果的には米軍機が爆弾を落したのは造船所だけで、周辺の見すぼらしい民家地域には落してくれなかったけどね。
 だけどその時にはそんなことはわからないから、警報が鳴るたんびに防空壕へ逃げこんでいた。
 警報は二段階ある。アメリカの飛行機がこっちへむかっている、という段階で鳴るのが警戒警報でこれはサイレンが長く鳴る。いよいよここの上空だという段階で鳴るのが空襲警報でこれはサイレンが断続的に鳴る。切迫感がありました。
 警報はいつ鳴るかわからない。アメリカさんの都合ですからね。夜中に鳴ると起されて防空壕へ逃げこまなきゃならない。そのために寝る時も昼間の服装のままで、防空頭巾を首からかけて寝ていた。
 昼間学校にいる時に鳴り出すこともある。その時は警戒警報が鳴り出した途端、教室で授業中だろうと何だろうと、飛び出して一人々々ばらばらに、家にむかって走る。ふだんからそうするように先生に教えられている。それはもっともです。学校にかたまっていてそこへ爆弾が落ちたら何百人が一ぺんに死ぬ。八方へばらばらに走っていれば被害が分散される。
 走っている途中で空襲警報に変ったら、すぐ手近の土塀の根っこの所とか橋の下とかで伏せる。これもしっかり教えられている。防空頭巾をかぶり、両手親指で両耳たぶを前に倒しておさえ、しっかりつむった両目を四本指でふさいで、うつぶせに地面にびったり伏せる。十分なり二十分なりたって米軍機が上空を通りすぎたら警戒警報に変る。立ちあがってひきつづき走る。警戒警報の解除はサイレンではなく、メガホンを口にあてた人が「警戒警報解除!」と大声で叫びながら隣保内を走る。解除になってもその日はもう学校へ行かなくていい。そう決っている。
 警戒警報は、米軍機が関西中四国方面へむかっている、というくらいの段階で出るんだからわりあいよくある。たいがいは神戸へ行ったり姫路へ行ったり岡山へ行ったりしてわが地域の上へは来ないのだが、最初の警報が鳴り出した段階で逃げて帰ってその日はもう学校へ行かないんだから、まあ当時の子どもはろくだま学校での勉強なんかしてない。だからと言ってわれわれの年代の者が前後と比べて特別知識が劣るという話も聞かない。だれか言っているかな?
 こんな歌をおぼえている。何年生の時に習ったのか忘れたが、戦争中であったにはちがいない。
 一番から三番まであって、一番は「太郎よ」と始まる。二番は「花子よ」と始まる。三番はこうである。

  太郎よ花子よ 日本【につぽん】の子
  丈夫で大きく強くなれ
  二人がおとなになるころは
  日本【につぽん】も大きくなっている
  子どもよ おとなをこえてゆけ

 最初に引いた毎日新聞の、「パン屋さん」を放逐した連中は、みな戦後生れだろうからこんな歌は知らないだろうが、こういう、日本が大きくなろうとし意気盛んだったころを、よかった、と思い、いま一度、と思っているのだろうか。多分そうなんだろうね。

パン屋さん削られる (1)

 小学校一年生の教科書からパン屋さんが削られた、という記事が、毎日新聞'17・4・5の一面トップに大きく出ていた。見出しは大きく四つ、
   〈道徳教科書「和菓子屋」に変更〉
  〈パン屋さん、外され憤慨〉
  〈国愛する態度にそぐわず 検定意見〉
  〈教育右傾化、懸念も〉
 教科書の修正前と修正後が図版で出ている。小学一年生から横書きなんですね。ひらかな文だが「パン」はカタカナ。最初の行だけ左に引きます。
  修正前。〈よいにおいがしてくるパンやさん。〉
  修正後。〈あまいにおいのするおかしやさん。〉
 なぜ「パンやさん」はいけないのか。記事に引用されている文科省の検定意見はこうだ。
  「学習指導要領に示す内容(伝統と文化の尊重、国や郷土を愛する態度を学ぶ)に照らし扱いが不適切」
  「我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着を持つことの意義を考えさせる内容になっていない」
 パンが、あるいはパン屋が、日本の伝統と文化にあわない、というのか。ごろつきの言いがかりだ。
 毎日新聞がびっくりして、こりゃたいへんだ、と一面トップの大きな記事にしたのももっともである。「パンやさん」にまで国家がイチャモンをつけてくるとは思いもよらなかった。
 修正後の一年生教科書を見ると「これは、にほんのおかしで、わがしというんだよ」と「にほんのおかし」が、つまり「にほん」という語が出てくる。一年生から「日本」を教えようと言うのか。パン屋さんでは「日本」が出てこないから「不適切」なのか。
 ゾッとしたね。敵はどんな所から攻めてくるかわからない。どこからでも来る。この場合は毎日新聞が気づいて大きな記事にしてくれたが、われわれの知らないさまざまな方面でジワジワと来ているのだろう。

 わたしは昭和十二年(一九三七年)一月の生れである。同十六年十二月に米英との戦争が始った時は満四歳と十一か月ということになるが、何もおぼえてない。四か月後十七年の四月に幼稚園に入った。その四か月の間に、母なり近所の子なりからアメリカと戦争していることは聞いただろう。幼稚園では「ぼくは軍人大好きだ」「鉄砲かついだ兵隊さん」「兵隊さんのおかげです」などの歌を次々習った。
 翌十八年の四月に国民学校にあがった。先生に「男の子は体をきたえて強い兵隊さんになりましょう。女の子は強い兵隊さんを生む強いお母さんになりましょう」と教えられたのはよくおぼえている。

 われわれが子どものころは、学年が少しちがうと経験がずいぶんちがった。大ざっぱながら、だいたい六学年くらいをひとかたまりとして見るとわかりやすいかもしれない。
 昭和七年(一九三二年)生れぐらいから十三年生れくらいがひとかたまりである。戦争の先行きがきびしくなってきた同十九年の後半ごろ、国民学校初等科の一年生から六年生くらいである。これよりあとの生れの者は戦争中にはまだ母親の附属物で、手を引かれたり抱かれたりしている。
 これより前の昭和ヒトケタ生れの六学年ほどは、男の子も女の子も工場などに動員されて兵器の部品作りの末端の、自分たちのやっていることがどういうモノになるのかもわからないヤスリがけなどをやらされている。この年代は男の子も兵隊に取られるほどの年齢には達していないが、それなりに国家の役に立っている。空襲の際に自分の身を処するくらいのことは十分できる。その上は、男なら兵隊に取られ、女は銃後を守る年代である。
 これを年の順に上から並べると十九年後半ごろだいたいこうである。
 ①男は兵隊、女は銃後の守り。大正生れ。
 ②十代後半。昭和ヒトケタ生れ。男女とも銃後の生産活動。
 ③母親の附属物でもなく生産活動にも役立たない国家の厄介者。国民学校初等科生徒。わたしはこの年代である。
 ④幼児と赤んぼ。母親の附属物。
 右③の厄介者のうち特に厄介だったのが都市部居住児である。米軍の空襲の際そこらでマゴマゴされては大人が迷惑する。農村部の少年少女なら小さいなりに畠仕亊の役に立つ。われわれが子どものころは特に年に二回の繁忙期には「農繁休暇」と言って学校全体が数日休みになった。が、都市部の子はそんな役にも立たない。――あとで言うようにわたしが育った所は造船の町で、どっちかと言えば都市部に入る。同級生に農家の子はいなかった。しかしふしぎなことに「農繁休暇」があったのである。役所のやることはわからない。農家の繁忙期というのは田植えと稲刈りだったのだろうか。どっちにしてもわれわれにとってはうれしい「学校休み」であった。
 もとにもどります。戦争中右の③の都市部の子に限って国家がまとめて面倒を見ることにして、「学童疎開」が行われたのである。都市から追い出して一件落着、というわけにも行かぬ。交通機関の面倒、受入れ先の面倒、そこでの食いものの面倒なども見ねばならぬ。人数が多いから大騒ぎになったのである。
(つづく)

プロフィール

たかしまとしお

Author:たかしまとしお
高島俊男「お言葉ですが…」ブログへようこそ!
ここでは「お言葉ですが…」の最新原稿と単行本未発表の書評などを掲載します。

単行本著作一覧・連載記事一覧は下記リンク欄をクリックしてください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク